FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一晩のみの介抱

いきなりこんな記事書くのもどうかと思いますが

昨日の深夜
何気なく散歩をしていました

ふと道路を見てみると道路の真ん中に茶色いものがありました

近づいてみてみると、ケガをした子猫がうずくまっていました

触ってみるとまだ生きていたので家に連れて帰りました

深夜ということで動物病院も開いていなく、
とりあえず一晩様子を見ることになりました

もともと猫を二匹飼っているため、何か病気を持っていたら大変なので
風呂場にもって行きそこでとりあえずえさを与えてみました
口が開かず食べれませんでした

明るいところで改めてみてみると
目からは血が出ており、鼻もつまり、立ち上がってもすぐ倒れるなど
目を背けたくなるようなひどい状態でした

とりあえず一晩風呂場に置いておき、翌日病院に連れて行くことにしました

一晩もつかどうかわからないような状態でしたが
朝になるとまだ生きており、親に任せて学校に行きました



19時半頃、家に帰るとその猫はいませんでした

親に聞いてみると
その猫は肺炎をおこしており、その上右頬のところが腫れ、両目とも開かず
相当苦しそうな上
変な行動をするのでもしかしたら頭を強く打っていたのかもしれないとのことでした

このまま生かしておいても苦しそうな上障害を持つ猫になりかねないそうなので
安楽死をしてもらったそうです。

苦しみから解放されたようにゆっくりと眠るように死んでいったそうです。

これでよかったのかはよくわかりません

つれて帰ったことは余計な行為だったのかもしれないと考えてしまいます。



長文失礼しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっほう! 早速きたよ!(´∀`*)
殿のやさしさはきっと猫にも伝わったよ!(`・ω・´)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。